体の問題を改善して適な人を歩いていただくために
快く生きる 快生整骨治療院 3回で判断
院内風景O-リングテスト

診療時間 平日9時~21時 土曜9時~17時
スマートフォンの方はクリックすると電話がかけられます
サイト更新日:2015-09-14

HOME > 院長紹介

上ヶ島 敦 Kamigashima Atsushi  

昭和34年北海道生まれ


昭和49年札幌東高等学校入学


高校時代に腰を痛め、病院では
「治るものではないから一生うまく付き合っていきなさい」と宣告される。


昭和52年日本大学文理学部応用物理学科入学


在学中に近くの治療院で脚の痺れを治療して完治した経験から治療家を志す。

医療を思うように受けられないような地方の人たちや、難病、慢性病の人たちが自分たちで治療できるように、家庭でできる東洋医学の普及を目指す

参考: 本日快生!『私の原点』

3回の治療結果で判断してください  

当院では、治療効果は3回で判断してもらっています。
3回も治療をしてみれば、症状が軽くなる感じが必ずあるはずです。


逆に、症状が軽くなっていないのであれば、その治療は合っていないと考えて、別な治療方法を試してみたほうが得策です。


3回の治療で変わらないものが、同じ治療を10回したところで、突然良くなることはまずないでしょう。

患者さんご自身で判断してください  

古くからの症状でも、3回も治療をしてみれば症状は軽くなるものです

3回ずつ違う治療院に3軒試してみても9回で済みます。
良くならないところで10回治療を受けるよりも、良くなるところを探して、良くなるところで治療を受けたほうが効率は良いですよね。

患者さんご自身で治療結果を判断するようになれば、治療する側も治すために必死になることと思います。

それが施術者と患者さんの「望ましい関係」なのではないでしょうか。