鍼 マッサージ カイロプラクティック 整骨
快く生きる 快生整骨治療院 3回で判断
院内風景O-リングテスト

診療時間 平日9時~21時 土曜9時~17時
スマートフォンの方はクリックすると電話がかけられます
サイト更新日:2015-05-28

HOME患者様の声TOP>全身の症状(難病・特定疾患など)

●えっ!メニエルも治療できるんですか(50代 女性)
●重症筋無力症(30代 女性)
●潰瘍性大腸炎②(20代 男性)
●肩こり、腰痛、頭痛、むくみ(30代 女性)
●全ての体調不良(40代 女性)
●潰瘍性大腸炎(20代 男性)
●頭痛・めまい・難聴(10代 男性のお母さんより)
●潰瘍性大腸炎(30代 女性)
●潰瘍性大腸炎(40代 男性)
●交通事故による頚椎捻挫、全身打撲、頭部外傷(女性)
●脳梗塞(60代 女性)
●潰瘍性大腸炎(10代 男性)
●クローン病(30代 女性)
●クローン病の無料モニターを体験して(40代 男性)
●顔面神経麻痺(50代 女性)
●全身性エリテマトーデス(SLE)(40代 女性)
●全身のだるさ(30代 女性)
●うつとの戦い番外編~風邪を治す~(20代 女性)
●うつ病とパニック障害(60代 女性)
●シェーグレン症候群の治療を受けて(40代 女性)
●趣味の和太鼓によるケガ(50代 女性)
●風邪の治療、腱鞘炎(30代 女性)
●潰瘍性大腸炎(40代 女性)
●斜視の無料モニターを終えて(小学生のお子さんを持つお母さんより)
●潰瘍性大腸炎(20代 男性)
●クローン病(30代 女性)
●潰瘍性大腸炎と頭痛、腹痛②(20代 男性)
●潰瘍性大腸炎と頭痛、腹痛①(20代 男性)
●快生整骨院に通い分かった事(50代 女性)
●うつとの闘い(20代 女性)
●潰瘍性大腸炎による関節痛(40代 女性)
●サルコイドーシス(60代 女性)
●モニター体験を終えて~橋本病・自律神経失調症~(50代 女性)
●腱鞘炎・メニエール・リウマチ・シェーグレン・乾癬(60代 女性)
●全身のだるさ、生理痛(30代 女性)
●体のだるさ(40代 女性)
●出産後の体力の低下(40代 女性)
●乾癬(40代 女性 ご主人様の症状について)
●全身の痛み(20代 女性)
●リウマチ(66歳 女性)

 えっ!メニエルも治療できるんですか

No.74 50代 女性 2014年12月投稿

三回の治療の結果で判断してください。

不思議な言葉に引かれ
肩が痛く
早く治したかったので、2年前位に
始めて治療して頂きました。

院長先生の話し方がまた、心地よく
リラクゼーションの音のようなんです。

でも、ツボはしっかり、押さえてくれます。

針も始めてでしたが、痛くも無くてx
本当に三回で完治♡

この度は何故か股関節痛めました↓

椅子に長く座っているだけで、立ち上がると痛い!

二回通って良くなりました♡♡

院長先生にメニエルの治療も出来ると聞いて今日始めて治療して頂きました。

私は、右側がユラユラ揺れる感じです

治療のあとは
頭がスッキリ☆
視界も広くなりました。
モアとしていた、毎日から、解放されて
びっくりしました。

夕方には、少し戻りましたが
これから、どんどん良くなって行くのが楽しみです。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 重症筋無力症

No.73 30代 女性 2014年10月投稿

快生整骨治療院さんとの出会いは、FM白石さんに出演させて頂いたのがきっかけでした。

日常的に「これ」と言った自覚症状もなく。なんとなく「スッキリ出来たら良いな。」くらいでした。 問診票での質問等に答えて治療に入りました。院長の上ヶ島先生が気になった私の症状は「重症筋無力症での左上が複視に見える」でした。

この重症筋無力症での複視と整骨治療と、全く関係ないと思っていた私は、上ヶ島先生の治療により左上が普通に見えた事に驚きました。

そして私自身疲れに鈍感で体の良い状態を知らなすぎた事に気付かせて頂き、本当に感謝です。
“整骨治療”と聞くと何だか痛そうと言うイメージもある方もいらっしゃると思いますが、全く痛くもなく、皆さんとても優しい方なのでリラックス出来ます。

上ヶ島先生は出来ない事は出来ないとキッパリ言って下さるので安心も出来ます。

快生整骨治療院に出逢えて私自身の体にもっと気付く事が出来て改善されていく楽しみが出来て、とても嬉しく感じてます。


▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎②

No.72 20代 男性 2014年9月投稿

5月末に潰瘍性大腸炎という難病のモニター治療をさせていただき、それから週に2回の通院を続けています。モニター治療の体験談はこちら

この二ヶ月は、快生治療院に通い始める前と比べて、調子がどんどん良くなっていく実感がありました。大腸炎のせいで諦めていたたくさんのことが次々とできるようになり、鍼治療のおかげで大げさではなく人生が大きく変わりました!

通院前は一日に10数回の下痢と血便があり、頭の中の八割近くはトイレのことでいっぱいの生活していました。
そんな中、6月末に結婚式、7月には新婚旅行という一生に一度の大イベントがありました。

治療一ヶ月目の結婚式の頃にはトイレの回数も減ってきており、式の途中で抜けることもなく耐え切ることができました。
新婚旅行は、当初は5月に計画を立てていたのですが、とても旅行に行ける体調ではなく延期していた念願のイベントでした。
フランスパリへの7日間の旅行は片道13時間の飛行機と大腸に負担のかかるフランス料理など不安なことがたくさんでしたが、すべてクリアすることができました。

ベルサイユ宮殿、ルーブル美術館、オルセー美術館、ノートルダム大聖堂、ロワール地方の貴族の古城などをめぐり、最終夜には贅沢なフランス料理も食べることができ、大満足の新婚旅行でした!

2ヶ月半の鍼治療によって海外旅行もなんとか大丈夫なほど回復してきました。さらに、無理をして体調が崩れても、最悪な状態にまで悪化することもだんだんなくなってきました。フランス旅行で無理をした分の悪化も、数日で回復することができ私自身も大変びっくりしました。

何ヶ月もの間、薬を大量に飲んでも一向に良くならなかった体調は、鍼治療でどんどん良くなってきています。旅行も運動も食べ物も少しずつできることが増えてきて、人生が楽しくなってきました!
運命的な鍼治療との出会い、院長先生との出会いに感謝してます。
本当にありがとうございます。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 肩こり、腰痛、頭痛、むくみ

No.71 30代 女性 2014年6月投稿

長年肩こりや腰痛、頭痛、むくみに悩み色々な治療をしてみましたがこんなに早く効果が出て、スッキリしたのは初めてでした。魔法使いに出逢った気分です。

これからも、良い状態を維持する為に定期的にお世話になりたいと思います。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 全ての体調不良

No.70 40代 女性 2014年6月投稿

快生整骨治療院と出会って一年と数か月が経ちました。今となれば、上ケ島先生は私にとって「主治医」のような存在です。お医者さんが頼れると思うのは手術の時くらいで、例えば、足が痛いとき整形外科に行っても「念のためレントゲンを撮りましょう」「湿布を出しておきます」これ以上の言葉を聞いた記憶がありません。痛い足を治してくれません。

上ケ島先生は、足の痛みを大幅に軽減して、自分で施せる対処の指導までしてくださいました。私は大変恵まれた事に職場が快生整骨治療院にすぐそばにある事から、ちょっとした、頭痛、めまい、慢性疲労とあらゆる体調不良の時に快生整骨治療院に行きます。なぜならひたすら体調が良くなるからです。体調が良ければ仕事の効率も上がります。年を重ねるごとに健康である有難味を思い知ります。

治療内容はその日によって全く違いますが、一番大切な事は、どんな治療をしてもらったかではなく、治る事なので、すべて先生にお任せしています。「なんでも治してくれる治療院がある」なんて、友達に説明してもほとんどの人が笑います。また先生ご自身も「なんでも治せるわけではない」と笑います。でも私は、具合の悪い方が上ケ島先生に出逢えず、困っているなら笑われても良いから、伝えてあげたいと思うのです。頭痛で病院へ行って薬をもらうことは、治療している事にはならないと思うのです。ちゃんと治して元気な体を取り戻したいのであれば、快生整骨治療院に行ってみるべきだと思います。

私はそうやってたくさんの大切な人に快生整骨治療院を紹介しました。交通事故によるむち打ち・しびれで何年も「これが当たり前でもう治らない」とあきらめていた方が、治ってしまう現実は、体験した人やその状況を見ていた周囲の人にしか知りえないことですが、体験してみればわかりますから是非一歩を踏み出してみてください。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎

No.68 20代 男性 2014年6月投稿

2012年5月に潰瘍性大腸炎と診断されてから一度は薬で良くなったものの、1年ほど前からずっと不調が続いていました。2回入院で体重も20キロ減り体力もかなり落ちていました。慢性的な腹痛と一日に15回程度の下痢・血便があり、毎日服用していた薬や点滴していた薬もなかなか効果が出ていませんでした。
そのような中で母の知人からの紹介で特定疾患のモニター治療をうけさせていただきました。

鍼治療の経験はなかったので最初は不安もありましたが、1回目の治療後から腹痛が減り、常にトイレに行きたいと感じていた状態がなくなりました。1回目と2回目の間が一日空き二回目の治療直前には鍼治療の前の状態に戻ってしまって腹痛が出て来て、鍼治療が効いていたんだという実感がそこでやっとわかりました。

2回目、3回目と治療を重ねていくうちに一日の便の回数はだんだん減ってきました。
まだ朝の時間帯は大腸が動きつらいときがありますが、このまま治療を続けていくときっと良くなるだろうという感覚があります。
また、常にトイレの場所を確認し、いつ行きたくなるかわからない気持ちで生活していた時に比べて、精神的にとてもすっきりし、元気がでてきました。

鍼治療が一体どういう仕組みで私の病気に効いているのかわかりませんが、確実に言えることは、この一年間なかなか良くならなかった大腸の調子がたった数回の治療でかなり良くなったということです。このことは確かなことなので、これからも通院を続けていきたいと思います。
潰瘍性大腸炎が良くなるまで、よろしくお願いします。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 頭痛、めまい、難聴

No.67 10代男性のお母さんより 2013年7月投稿

昨年10月以前から気なっていた目の状態が良くなく、専門の病院にいくよういつも行く眼科の先生からのお話がありました。その後検査で「間欠性外斜視」と言われ、今年6月に手術しました。手術はうまく行ったものの、その後強い頭痛やめまいに悩まされ本人も学校に行けずにいました。

そんな時、次は左耳が聞こえなくなり、突発性難聴で入院、先生からはストレスからくるもので治療する事は無いとの事で退院。子供も私も「どうしていいのか?」不安ばかりがつのりました。

それから数日がたちHPを見ていた時「3日だけ…」とのフレーズが目にとまり、「これしかない!」との思いで電話をしました。先生もスタッフの皆さんもとてもやさしく5回終わった今、まだ頭痛やめまいはありますが学校に行く事が出来るようになりました。

もう少し時間はかかりそうですが、斜視の状況もずいぶん良くなり、目に力が入るようになったと感じました。
本当にありがとうございます。そしてこれからも家族共々よろしくお願い致します。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎

No.66 30代 女性 2013年6月投稿

私は2年前の2011年に潰瘍性大腸炎と診断され、その時の状態は重度と言われました。それからステロイド、レミケード等受けて、中度にまで落ちついていました。
突然2ヶ月程前から体中に激痛があり、関節痛もひどく、何日もしないうちに体を動かすこともつらくなり、入院もしました。ほぼ寝たきりの状態でした。

鎮痛剤も3日ほどしか効きませんでした。病院からはまたステロイドを使用するしかないと言われ、副作用が辛いので、他に何か方法がないか2日目の治療後の記録と思い、自分で毎日ネットで色々と検索して、この快生整骨治療院を見つけました。その前から何件も整骨、整体院には行っていたので、今回もだめでもしょうがないと思っていました。

1回目の治療で先生に鎮痛剤を使用3日目、4日目の治療後の記録しないでと言われ、とても不安でしたが、2~3回目あたりから、痛みは少しになり、家事も普通にできるようになり、鎮痛剤を使わなくても、生活に支障はありませんでした。本当に不思議な感じでしたが、薬を使わなくてもいいと思うとうれしくてたまりませんでした。何がどうと説明するのはとても難しいのですが、本当にすごいとしか言いようがありません。

これからも通院したいと思います。先生やスタッフの皆様本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎

No.63 40代 男性 2013年3月投稿

潰瘍性大腸炎を発病して5年目です。
2年ほど前から症状が悪化して色々な治療をして来ましたが良くはならず・・・
その時姉から無料モニターを教えられモニターに申し込みました。

その時の体調は、1日3回くらい粘血便がありました。

受けてみての感想としては粘血と出血の量は減りましたが止まる事はなかったです。
トイレの回数は変わりはありません。

毎回の排便時に出血があると精神的に負担になる毎日でしたが、量が減る事で気分的に楽になりました。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 交通事故による頚椎捻挫、全身打撲、頭部外傷

No.62 女性 2012年8月投稿

突然の正面衝突。居眠り運転の上逃げようとした相手を阻止し、パトカー到着を見届け救急車で運ばれるも、並外れた気合いで「入院」の言葉を振り切り帰宅。

夜、割れる程の頭痛と嘔吐で本日2度目の救急搬送。
それでも懲りずに2日後に逃げるようにまた帰宅。

『周りには迷惑はかけられない』

ただ、ただその一心でしたが、その後、起き上がれない程体中に激痛、声も出ない様。付き添い無しでは通院も出来ず、ペンもハシも握れない程の痛みと痺れ。加えて頭痛に吐き気、めまいに耳鳴りのオンパレード。
悲惨な時期を乗り越えはしたものの、鞄を持てない、青信号を渡りきれない、バスの揺れにも耐えられないのナイナイづくし。

そして事故から6ヶ月目・・・

頼みの綱のお医者様から「障害申請を考えよう」と衝撃の一言。
『絶 対 イ ヤ だ ーーー』
と受けたセカンド、サードオピニオンも同意見。
でも嫌だ。何でもいい、どこでもいい、「治る場所」を探そう。
人伝え、広告、良いと思う所を探し、巡り着いたのが快生整骨治療院でした。

院長の第一声は「治るよ」とまた衝撃の一言。
『はーっ??簡単に言ってくれたじゃない。』
でも1日目、鞄が持てた。もう号泣、号泣しかないでしょう(T_T)

こんな状態でも週に3日数時間、指1本でパソコンを打ち、吐きながらも仕事をしていた私。それから2日目、3日目、通い続けるうちに、字も書ける。頭痛もめまいもあれもこれも、どんどん薄れていく。
症状が消えるまでに1ヶ月も要らなかった。
何をやってたんだ私。

扉を開けるのも一苦労した初診の日。
今、扉は片手で軽々と開け、「踏んでも、たたいても大丈夫」
と院長よりお墨付きを頂き、今日も元気に過しています。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 脳梗塞

No.60 60代 女性 2012年8月投稿

7月17日から8月7日まで脳神経外科入院。
5月頃から両肘の関節が痛くなったり、階段で転んだり、歩いていて転びやすくなっていたが、まさか自分が脳梗塞になるとは思っていなかったのでその時点では病院へ行っていませんでした。

7月に入って何か頭が締めつけられるように変な感じがし始め、血圧もそうとう高かったように感じます。
7月15日、買い物に行こうと道路を歩いていたら、まっすぐ歩いているつもりが左側へ行ってしまってまっすぐ歩けていないのに気づく。
お店へ行っても左側の棚のものを落としてしまったり、人にぶつかってしまったり、おかしいと思いつつ買い物をして帰ってきました。
夜何か苦しくてなかなか寝れずにいました。

朝起きて、言葉がうまく話せないのと左手左足に少しマヒがきているのに気づき病院へ行ったら、そのまま入院になってしまいました。
右側側頭部に血管のつまりが見つかりました。
それから3週間入院して点滴治療とリハビリで何とか言葉も以前のようではないけれど、話せるようになりました。

手と足のマヒも入院時よりは良くなりましたが手の力が弱く以前のような動作ができなくなっていました。

そんな時に快生整骨治療院さんにお世話になることになりました。

1日目
自分で行くことが出来ずに車で迎えに来て頂きました。その位1人では歩くのに大変でした。
鍼治療やいろいろな治療をして頂き、頭もすっきりしてとても歩きやすくなり、帰りは自分で帰れるぐらいの気持ちになりましたが送って頂きました。

2日目
朝起きるのがとても楽で自分で地下鉄に乗って治療に行くことができました。とても嬉しかったです。
左手でお味噌汁のお椀も持てるようになり、こぼさなくなりました。

3日目
朝とても起きるのが楽でした。逆に薬を飲むと血圧が下がりすぎ、ふらつきや目のかすみなど出ますが、治療して頂いた後はとても楽になり本当に嬉しいです。
今は少しずつ行動範囲も広がり、また仕事できるかなあという思いが強くなり楽しみに治療をして頂いています。治療して頂いた日は夜ぐっすり眠れるようになりました。
本当に感謝です。

夜の台所仕事もいつも体が大変で子供にしてもらっていたのですが今日すごく楽にできました。
それと布団の上げ下ろしも左手がどうにもななめになってしまい、持ち運びが大変だったのが以前と変わりなくできるようになりました。
感謝です。
 
4日目
治療して頂いたら、さらに楽になりました。楽になったら今まで出来なかった家の中の事がものすごく気になり出し、あっちこっち掃除したり片付けたり、本当に動けるようになりました。

5日目
治療後本当に楽になりました。次の日、今年はもう行かれないと思ってあきらめていたお墓参りに行ってくることが出来ました。少しこわかったけれど思い切って行って来て本当に良かったと思います。体調の方も本当に良くなりました。

6日目
院長先生からずいぶん良くなったので、あまり気にしないで普段通りの事をどんどんしてかまわないからネと言って頂き、気持ちも本当に楽になりました。ただし病院の検診や退院時に言われた事は日常生活の中できちんと守っていかないといけないからねと、それさえ守っていれば何も心配しないで生活していいよと言って頂き、本当に嬉しかったです。

入院中出会った患者さんの中で脳梗塞2度目という方が何と多かったことか。本当に驚きました。そうならない為にも、これからも治療をして頂きながら、病院で言われた事を守りながら日々生活をさせて頂きたいと思います。本当に感謝で一杯です。

 
7日目
治療後、多少残っていた不快な症状も完全に取れてとても楽になりました。本当に感謝です。今迄気付かなかった事で無意識に出来ている事がたくさんある事に気付きました。

①道路のでこぼこも気にならなく平気で歩けている事。
②家の中で左側にある物によくぶつかっていたのだが、いつの間にか意識しなくてもぶつからないで歩けている。
③物によしかからずにスラックスなど片足立ちではいたり脱いだり出来るようになった。
④横になって同じ姿勢でいるとイライラして来て寝ていられないのが気にならなくなりました。
⑤梗塞を起こした右側を下にして寝る事が出来なかったのがいつの間にか下にして寝る事が出来るようになった。
⑥目のかすみで大きな字でも見えづらかったのが今では以前と変わらず見えるようになりました。
⑦マヒしていた左手も完全にマヒが良くなって動かしやすくなりました。
⑧言葉の方もTELで話す事がとてもつらくていやだったのが今では平気で話せるようになりました。
⑨階段の昇り降りも今迄手すりにつかまっていたのが、手すりなしでも昇り降りできるようになりとても嬉しいです。
これらの事が出来るようになって本当に嬉しく感謝の思いで一杯です。本当にありがとうございました。

8日目
治療後、院長先生から、もう心配ない状態になったのであまり気にしないで普段通りに生活して大丈夫と言って頂き本当に感謝です。快生整骨治療院の院長先生始めスタッフの皆様本当にありがとうございました。わずか8回の治療でここまで回復できた事、本当に感謝で一杯です。ありがとうございました。

これからは二度と再発しないよう気をつけて生活していきたいと思っています。時々治療もして頂きながらがんばっていきたいと思っています。
本当にありがとうございました。1日でも早く治療して頂いたらそれだけ回復も早く出来ると言う事を実感致しました。
本当に感謝で一杯です。


▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎

No.59 10代 男性 2012年8月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

私は2ヶ月前、腹痛、下痢、血便などの症状が表れました。
そして、その症状が続いていたので大腸カメラの検査をうけたところ潰瘍性大腸炎という病気でした。

この病気と判断後、10種類以上の薬を飲み続けました。
その薬の副作用で熱も出て入院しました。
退院した後は強い薬をやめ漢方薬も試してみましたが症状があまり変わらず、心配でインターネットで母が他に良い方法がないか調べたところ、快生整骨治療院を知りました。

そして、この病気が良くなった人のページを見てお願いしようと決めました。

今回で4回目の治療が終わりましたが、あんなに続いていた腹痛や下痢などの症状も少しずつ改善されてきました。

なので本当に行って良かったと思いますし、これからも治療だけではなく、自分自身でしっかりと食生活などに気をつけてさらに良くなればいいと思います。


▲ ページトップへ

前のページに戻る

 クローン病

No.58 30代 女性 2012年8月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

こちらの治療院はホームページで知りました。

難病指定の人には5回無料モニター制度があると書いてあり、電話してみると直接先生がお話してくださり、行ってみようという気持ちになりました。

治療当日の体調は、疲労感、複数回の下痢、極度の緊張、冷えが主でした。

5回通院してみてまず感じたのは精神的に楽になったことです。
疲労感が強く5回続けて通えるか正直不安でしたが、1日1日通うのが楽しみになってきて、それに伴い下痢で不安になっていた気持ちも何とかなるという風に考えられる様になってきました。

治療の成果を5回で感じる事が出来たので、これからも続けて通ってみたいと思っています。


▲ ページトップへ

前のページに戻る

 クローン病の無料モニターを体験して

No.57 40代 男性 2012年3月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

まず先に結論から言いますと、難病で辛い思いをしている方は、無料モニターを体験したほうが良いと感じています。
なぜなら、私は疑り深いのですが、無料で、しかも5回試せることと、不安に思っていることは聞いて納得したうえで始めればいいことなので、無料モニターを申し込みました。

結果、こうして体験談をかけるくらい満足できたと思っています。

私は現在42歳ですが、今から10年前の32歳にクローン病と診断されました。
3年くらい絶食を続け、その後、食べられるようになり、1年ぐらいは割りと普通に生活していたように思います。

ところが、風邪をひきだしたと同時に、再びクローン病も再発してきました。
ちょうどクローン病でも使える新薬が出たということで、レミケードという点滴を投与することで、体調が良くなりました。
しかし、それを繰り返しているうちに、副作用が出て最終的には、レミケードの投与で急激に治そうとするところから、腸に狭窄が進み外科手術が必要となりました。

その後、3年くらいは普通に生活できていましたが、また体調が悪くなり、自身で絶食をしながら様子をみたり・・・という生活を繰り返しています。

ちょうどこの頃から薬を飲むのを止めました。
止めたのは、飲みすぎることで体には良くないという話をたくさん聞くと、やはり飲み続けるのはリスクがあるなと考えたからです。

その時に、自然治癒に興味を持ち、いろいろと情報をあつめていきました。
そうすると、ヨガがいいとか整体がいいとか、体を温めると良くなるなど、自然に治癒していく方法も知ることが出来ました。

そんなことで、1回だけ別のところで整体を受けたことがあります。
しかし、病気のことを伝えていながら、40分ほどで終わり、特に効果があったのかどうかもわからないまま終わったのが現状です。
それ以来、高いお金を出して意味があるのか? 本当にこんなんでよくなるのか? という気持ちになりました。

今回も体調不良気味が続き、どうにか自然に治癒させていこうと、いろいろ調べていたら、快生整骨治療院さんの無料モニター制度があることを知りました。
5回も無料で体験できるなんて有難いな。この5回の間に効果がわかるんじゃないかな?
そういった気持ちになりました。
もちろん、不安なこともありました。
それは、もし鍼をやることになった場合、安全なのかどうか? ということが不安な点だったのです。

どちらにしても、モニターで試せるのは魅力ですし、不安な点は聞いたうえで、納得してから始めてみようと思い申し込んだのが始まりです。

院長に、鍼のことについて聞きました。
「鍼で治療して半身不随になった・・・などの話をチラホラ聞いたことがありますが、
大丈夫なもんなんでしょうかね?」
そうすると院長はこう言いました。
「もちろん、やり方が悪いと、そういった問題も出てきますよ。
肺に穴が開いたりということとか・・・。訴訟問題になったりも多くありますよ。
でも、そんな危険なことはしませんから大丈夫です。」
といった言葉を聞いて非常に安心しました。
もしこれが、「鍼でそんなことになるわけないじゃないですか。」と言ったようなことを言っていたら、たぶん治療を受けずに帰ったとおもいます。

信頼できる院長だと感じ、治療を受けることにしてモニター体験をスタートしたわけですが、正直2回終わったときは、効果があるのかわかりませんでした。
確かに治療後はスッキリした感じはありましたが・・・。

でも、3回目の治療後から少しずつ変化が出てきました。
血圧が私の場合、上が100~110の間くらいなのですが、それが1回目の治療前には上が76と極めて低かったのです。
3回目の治療後は105といつもの状態に戻ってきました。
4回目の治療の時は、自身の悪い部分である腸の右下が、鍼をしているときに痛みのようなものが出てきて、効いてるのかな? とういう感じを受けました。
今後も定期的に通って骨の矯正などもお願いしたいと考えております。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 顔面神経麻痺

No.56 50代 女性 2012年3月投稿

たしかに11月は忙しかったのです、でもそれだけではありません。
息子が今年も卒業できないと言い出したのです。
夜眠りにつく前に左耳もとでシューツと空気の流れる様な音がしました。
翌朝平成23年12月15日朝起きて鏡をみると左眼が瞬きをしないのです。顔を色々動かしてみますが右は動くけど左は固まってしまった感じなのです。

これはおかしいとすぐ近くの内科に行きました。
頭も痛くないし手足の左右に違和感が無いとの問診で市立病院の耳鼻科を紹介してくれました。
先生は入院になるかもしれないと言いました。私はいったん家に帰って、入院にはならないようにと祈りながら鞄に必要と思われるものを詰めて病院に行きました。
先生は帯状疱疹又は原因不明の顔面麻痺との予診をされてステロイドの点滴を二週間しますので入院してくださいとのこと。(МRIも取りましたが最終的には原因不明)

耳鼻科の先生の予想通り入院して3日目位が一番のピークとなり左顔面は腫れあがってしまいました。右側は左につられてどっちが正常なのか良く解らなくなりました。
顔を洗うと閉じない左眼に石鹸が入り情けない。退院がまじかになっても顔は一向に変わらない。 

年明けには仕事が入っているので、なんとか早く治したいと思っていました。
退院して家に帰るとすぐネットで顔面麻痺・治療・札幌と検索しました。針の治療がヒットしてきました。
そこで前から仕事でお世話になっている快生整骨治療院さんのホームページを見させて頂きました。そうすると治療のメニューに顔面麻痺がありました。すぐバスに飛びのりました。

年末の押し詰まった2日間、続けて行きました。年明けに2回くらい合計4回ほど先生の「気」を感じる治療を受けだんだんと左顔面が緩んできました、
そして動く様になったのです。その後も2回ほど行かせて貰い元に戻ることができました。

先生は「良くなったね、日頃の行いが良いからだよ」と言ってくれるのですが、先生の治療のお蔭です。ありがとうございました。先生の治療を受けなくても治ったかもしれませんが、それはきっと3ケ月後だったと思います。それでも治らなかったら神経の手術?
とにかくバスに飛び乗って良かった。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 全身性エリテマトーデス

No.55 40代 女性 2012年2月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します


私は7年前から原因不明の吐き気にずっと悩まされていました。
病院で検査をしても原因はわかりませんでした。
毎日が吐き気との戦い。

だからといって原因もわからないので、
どこで何をすれば治るのかもわからないまま、
もう一生このまましかないと諦めていた頃、
こちらのホームページを見て少しでも良くなればという思いで来院しました。

治療を受けた時、吐き気は軽くなりました。
しかし持続は難しく次の日にはまた吐き気。
その原因は長年飲んでいる薬の副作用のためではないかということが
こちらで初めてわかりました。

私は吐き気がすっかり治まってはいませんが、
吐き気の原因がわかっただけでもこちらに来院してよかったです。

こちらの先生はとてもわかりやすく説明してくださり、
親身になって治療してくださいました。

患者の立場にたって患者に合った治療方法で対応してくださって
本当にありがとうございました。

↑の画像をクリックすると拡大します


▲ ページトップへ

前のページに戻る

 全身のだるさ

No.54 30代 女性 2011年12月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

初めて快生整骨院に来た日、先生の手はまほうか神様だと思いました。とっても不思議でした。

3年近くなまりのように重たい体、肩こり、首の痛み、膝の痛み、腰痛・・・めまい・・・などなど。

内科で検査しても何ともなく、耳鼻科で検査しても何ともなく、
最後には精神科に行き自律神経失調症によるパニック障害と不安障害と言われずっと安定剤と漢方を飲み続けてきました。

精神的には安定するもののなまりのように重い体は
何十件と整体、整骨院、リンパマッサージ、電子イス、etc、
色々ためしても何もかわりませんでした。

たまたまホームページで見つけて3回行ってみようと思い、
今度こそはという思いで行きました。

3回行かなくても1回目でどこへ行ってもわかってもらえなかった
つらい症状をほんの1分もかからず当てて治してもらえました。

次の日ひざの痛みもなくなり体もだいぶ軽くなり
本当に行く度におどろきの連続です。

一生通い続けるので、
先生ずっとずっと元気でいて下さい。


▲ ページトップへ

前のページに戻る

 うつとの戦い番外編~風邪を治す~

No.52 20代 女性 2011年11月投稿

前回の投稿から二年近く、私はまだ闘いを続けています。
この間にクリニックから病院に転院になり、洋薬なども変わり副作用に苦しめられては、
こちらの治療院に通っています。

前よりも頻度は下がりましたが、相変わらずの私に院長先生をはじめ、
優しく接してくださり感謝しています。
この度は番外編として筆をとった次第です。

前回の精神科の受診で、薬が変わり先週は「気分が高潮している」との事で先生に調整を受けました。
その際の鍼が取れてしまい、何気なく予約を取り駆け込みました。
しかし、抵抗力の弱い私は、昨日から風邪気味だったのです。
鼻水をこらえながら診察を受けると「風邪気味だねぇ」とのこと。
調整していくね、と言われ身を任せているとすうっと呼吸が楽になり、
恥ずかしながらお腹まで空いてくる始末。

終わった時には鼻水も止まり、喉の痛みも少し引いていました。
あまりにも驚きの体験だったので投稿します。

風邪には薬より鍼!の時代がくるかも…?

前回投稿「うつとの闘い」はこちらから

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 うつ病とパニック障害

No.51 60代 女性 2011年9月投稿

ここで心は嘘つくが体は嘘つかないことを治療を通して教えていただく。
まさか私がうつ病とパニック障害になるとは思ってなかった。

私もなぜか病院ではなく以前から信頼していた快生整骨治療院を受診していた。3日間で一応治癒し仕事に復帰した。治療を続けているとトラウマがあることに驚く。教えていただいたというのが適切であった。恐ろしく悔しく悲しくてその気持を抑圧し次々と対応しているうちに疲れていたらしい。ただ私はそんなことで傷つくなんて思っていなかった。そして負けず嫌いの私に対して先生の助言は的確であった。
旅行したらダメ、社会復帰は早いと、それに従わないことで体が悲鳴を上げてまたトラウマになる出来事に会ってしまった。

まだ治癒していないが80%は良い。気付くことで考えることが出来る。病気を治癒させるのは自分自身であるがフォローするには治療は必要不可欠である。治療を通して、弱く傷つきやすい本来の自己との出会いでもあった。しかし私は善良な人間であることにも気付く。心の病気は治癒するのには時間がかかる。忘れろと助言してくれる人もいるが、先生のように充分説明し、ゆっくりでいいんだよというメッセージがとてもありがたかった。生きるには何度も危機がある。それをどのように受け止めるかという自由があるはずである。行動の変容も難しいけれど、それを気付くことが出来たのは、治療のおかげと感謝している。

私の生き方の考え方に大きな影響を与えて下さった、私にとっては事件であった。
また私は精神科で受診せず、うつ病は克服したつもりである。パニック障害の方が治療したと思っている。
ある時はいつも人に責められている気がしてどうしても気持ちが落ち着かず緊張していた。
自己洞察もできるようになった。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 シェーグレン症候群の治療を受けて

No.50 40代 女性 2011年6月投稿

私は、5年ほど前に膠原病のシェーグレン症候群と診断されましたが、約1年前病状が悪化し1ヶ月程度入院しました。その後も、プレドニン(ステロイド)や免疫抑制剤などを服用しています。

私のシェーグレン症候群のタイプは腺外型で、通常の涙や唾液の分泌が減る症状は割合軽く、内臓や神経、関節などに症状が強く、熱が出ることもたびたびあります。
今まで、関節痛や末梢神経障害(足や腕が痺れて痛む)は夕方から夜にかけて痛むことが多く、鎮痛剤でしのいでいました。
しかし、こちらを受診して、初日の夜に入院以来初めて無痛で一晩過ごすことができました。翌日は治療を受けなかったこともあり、元に戻ってしまいましたが、5回通うと着実に痛み始める時間が遅くなり、痛みも次第に軽くなってきました。

まだ、一気に痛みとさよならする訳にはいきませんが、痛みが軽くなってくると日常生活にも張りが出てきました。病院での薬も続けながら、焦らずに通いたいと思っています。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 趣味の和太鼓によるケガ

No49 50代 女性 2011年5月投稿

私は、趣味で和太鼓をやっています。
激しい動きの為、体に負担がかかり痛みや怪我で、数年来お世話になっております。
こちらにかかり治療をして頂くと、不思議と痛みもとれるので自宅からは遠いのですが、
そんな事よりも、治してもらわなくちゃ!と、思い公共機関を乗り継いで行きます。

「明日本番なので、なんとか出られるようにして下さい!!」
など、かなり無理をお願いする困った患者なのですが、いつもなんとか出られるようにして頂けるので本当に心強い味方です。

かなり無理な状態でも、先生にテーピングをして頂くと、痛みもやわらぎホッと一息、安心して帰ります。どんな痛みも、気軽に相談出来る治療院です。

スタッフの皆さんも、いつも温かく迎えてくださいます。

これから、年令と共に、色々体の調子も不安定になると思いますが、どんな症状でもここにくればなんとかしてくれる!!と、安心しております。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 風邪の治療、腱鞘炎

No.48 30代 女性 2011年4月投稿

私は一スタッフですが、働いている最中に風邪が悪化して具合が悪くなり、
先生に診て頂ける事になりました。
整骨院で働いていて何ですが、
鍼に対してずっと恐怖心があった私です。
最初は、「いやいや、そんな、結構です」とかなり本心から断ったのですが、
先生の親切心が伝わってくるし、
熱からのしんどさもあって診てもらうことになりました。
基本的にそこまで丈夫ではないので、
熱が出たら、下がらないまま2、3日は必ず寝込む羽目になる私ですが、
治療を終えて家に帰ると、まず熱が下がっていました。
絶対熱はあるだろうという身体のダルさはあるのですが、計ってみると無いので、「あれ?」と拍子抜けするような不思議な感覚でした。そしてその治療のお陰で、嘘みたいに回復して、翌日にはバリバリ働けるまでに回復しました。
また最近では、学生時代からの悩みの腱鞘炎が悪化してきたので、整形外科で注射を受けに行く話をしたら、「それなら鍼ですぐ治るよ」と先生から嘘みたいなお言葉。
実際に鍼を打ってもらったら、鍼とマッサージの効果で、施術直後から痛みが嘘みたいに消えました。
鍼に対してかなり恐怖心を抱いていたのですが、いくつかの自分の経験を通して、
全く未知の世界を見てしまった感じです。
薬とか、注射とか、なんか身体にいいのか悪いのか分からない様な物を使わなくても、
良くなる方法があるのか!といった新鮮な驚きでした。
先生は、「人が良くなっていく姿を見るのが好きなんだ」といつもニコニコしていて、神様みたいです。
薬や病院の感じが苦手な方は、是非一度、快生整骨院で治療を試してみては如何でしょうか。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎

No.47 40代 女性 2011年4月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

私は潰瘍性大腸炎です。
入院したことはないのですが、体調が悪くなったり良くなったりの繰り返しではや15年…。漢方も試してみたのですが、あまり変化がなく2年ほどでやめてしまいました。

ネットで当院の難病モニター募集を知り、月曜日~金曜日の5日間通わせていただきました。こうゆう場所に来るのは初めてだったので鍼は痛いんじゃないか・・・!マッサージはグリグリ痛いんじゃないか・・・と不安だったのですが、いざ治療が始まると私の想像とは全く違っていました。

先生に親指と小指が離れないようにくっつけていてと言われ、先生が私の体に軽く触れ、そこを引っ張り悪い所は指が離れるということでした。先生にイライラしてないかい・・・?と言われ、最近色々あってイライラしていたので、スゴイ!当たってる!とビックリしました(:_;)/

病気の原因はそのイライラからきていると言われ、首・肩・頭を重点的に治療していただきました。肩から頭のマッサージ。お腹には鍼。手首、親指と人差し指の間に小さな鍼を残して家に帰りました。マッサージはとてもソフトで心地よく、鍼も痛くありませんでした。

治療が終わるといつも体が軽くポカポカして、気持ちも清々しくなっていました。病気は治ってはいませんが、イライラが病気に多少関係しているのではとおもうこともあるので、これからはあまりイライラしないように前向きな考え方で過ごしていこうとおもいます。

先生、スタッフの方々も優しく感じの良い方で良かったです。
ありがとうございました。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 斜視の無料モニターを終えて

No.42 小学校のお子さんを持つお母さんより 2010年7月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

1回目のモニターの次の日、眼科の先生から、「今日は調子いいね」と言われたとき、やっぱり治療したからなんだと思いました。
日により、体の状態によりすごく変わるものですが、次の日の事だったので素直にびっくりしました。

2回、3回と続けて治療をしていただき、目のズレがなくなったとか、回数が減ったとか、はっきりとした結果はわかりません。ただ1日中一緒にいる訳でもなく、いつも真正面に私が座っている訳にもいきませんので、だからといって本人が良くなったと自覚できるつらさもなく、先生に申し訳ない思いもありますが。
治療後の変化で気づいた事は、いつも目がきれいになっているし、よく動くというか動かすという事と、目力が強い。目力が強いだけで、顔の表情が全然違うので、とっても意思の強いしっかりした感じの顔になってました。

頭がスッキリするせいなのか、とにかく機嫌が良く、元気があり、ニコニコしていました。

集中力に関しては、治療のあとはお風呂に入りごはんを食べて、寝るという時間だった事が多く、グダグダしやすい性格なのでむずかしいかと思いましたが、その結果なのかそんなにグダグダしなく、すんなり寝てくれましたし、これは治療の効果かと思ったのがそろばんです。
5日目何かで試そうと思って寝る前にそろばんをしてもらったら、ねむい、やだと言いながらしたのに、いつも裏表としないというか出来ないのに、やり始めると全部やってくれました。
足し算など全種類全問正解だったのでこれはまた、違ったところですごくないでしょうか?色々な条件がそろってこの結果なのかもしれませんが。

何回やってももう全問正解はないので、試験の前に治療をしたら、良い結果が出そうですね(笑)!!

斜視とは違いますが、先生がおっしゃっていた通りの結果です。拍手してました。

目がすっきりするという事、頭がすっきりするという事はただそれだけの事ではなく、色々な事に影響すると思いました。子供の行動を見ているとわかりました。
ですからその反対の頭がモヤモヤスッキリしていない状態は落ち着きがなかったり、言う事を聞けない、かんしゃくを起こす、集中できないなどたくさんの事が出来ないのだなと思いました。
先天的なものならば、治らないはずですが、一時的にでも良くなってるという事ですね!
5回の治療ありがとうございました。
色々な事を含めて、もう少し治療を続けて行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎

No.,41 20代 男性 2010年6月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

私は1か月前に潰瘍性大腸炎と診断されました。
血便、下痢、腹痛などに悩まされ、3週間ほど入院しましたが、退院後も腹痛、お腹のはり、軟便、腰痛などの症状が残っていました。

退院直後に、たまたま快生治療院のホームページを見つけ、モニターとして5回ほど治療を受けさせて頂くことにしました。

先生は、特に辛かった腹痛と腰痛の症状の回復に重点をおき、足やお腹などを、主に鍼で治療してくれました。鍼治療は経験がなく、多少不安だったのですが、実際はほとんど痛みは感じず、2日間ほど手に鍼を残しておいたのですが、まったく抵抗なく過ごすことができました。
また先生もスタッフの方々も皆穏やかで、和やかな気持ちで治療を受けることができました。

3回目の治療が終了したころから、徐々に体調が良くなっているのが、わかるようになりました。腹痛も弱まり、起床時の腰痛はほとんど気にならなくなりました。
そして何よりも驚いたことは、ここ数か月間ほとんど下痢や軟便だった便が硬くなったことです。退院してからもしばらくは軟便が続く、と言われてたので、この変化は本当に嬉しかったです。

モニター最終日には、腹痛、腰痛は治まり、硬くしっかりとした便になり、かなり満足する結果を感じることができました。

今後も治療を続けていきたいと考えています。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 クローン病

No.40 20代 女性 2010年6月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

クローン病歴9年の30代の主婦です。友人の紹介で娘の足首の痛みをみてもらう為、通院したのがきっかけでした。難病疾患無料モニターの貼紙をみて、無料なら試してみようと思いました。本当のところ、クローン病の症状よりも、慢性の肩こりが少しでも良くなればいいなと思っていました。

1回目、2回目の治療後、なんとなく体が軽くなりクローン病の腹痛もそれほど感じなく、いい感じではありましたが、もともとひどく体調が悪かった時期ではなかったので、それほど違いを実感できませんでした。2回目の治療後、1泊で旅行に行った為、2日あけて3回目の治療を受けました。その旅行の帰りのJR、乗車10分で酔いその後40~50分トイレにこもり吐き続けました。次の日もめまい、頭痛、ムカつきが治らないまま、快生整骨院へ。あまりの体調の悪さに行くのをやめようかと思いながら何とか到着、体調の悪さを先生に説明して、治療をしてもらいました。

1時間後、治療が終わり、起き上がるとビックリ!頭痛もめまいもムカつきもすっきり良くなりました。ただ、家に帰るとまた頭痛、めまいが起こり、次の日の治療の時先生にまた説明をして治療してもらいました。3回目~5回目の3回の治療は驚くほど効果の違いを感じました。たった1時間の治療で、これほど効果を実感できたのは初めてです。目の治療も1度やってもらうと、ボヤけていた字も、はっきり見えるようになりました。頭痛が治ると肩も軽くなりました。治療前と治療後の効果を違いは、いろんな方に体験してもらいたいです。本当にすごいです。

痛みをかかえている方、3回でいいので試してみて下さい。必ず実感できます。

治療の結果
5回の治療でクローン病の腹痛、下痢症状はおさまり、自律神経からくる頭痛、めまい、ムカつき(吐き気)、生理痛からくる体のだるさ・腹痛、肩こり、眼精疲労、そして先生との楽しいおしゃべりで多少のストレス解消を体感しました。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎と頭痛、腹痛②

No.38 20代 男性 2010年4月投稿

潰瘍性大腸炎と頭痛、腹痛①はこちらから

私は、潰瘍性大腸炎を2005年に発症して以来、あらゆる治療、投薬、漢方薬も効果がなく、行き場のない絶望感が続いていました。

快生整骨治療院でモニターとして5回ほど治療を受けさせていただき変化を体感しました。さらに治療をしたい、回復させたいという気持ちと、身体を治す必要性があったので、
続けて通いました。自分でも「治ると考える。そういう気持ち(気)を持つ」というように、
言い聞かせ、通院しました。

治療を受けるごとに身体の具合がよくなっていきました。
具体的には、潰瘍性大腸炎の症状であるひどい頭痛と下腹部痛、下痢などは、
治療を重ねるにつれ、治まっていきました。経過としては、それらの症状が出ても、
すぐに治まるようになっていき、最終的には何の症状も出なくなりました。

また治療を進めていくにあたり、自分自身の生活習慣に関して、病気を発症するよりも、
はるか前まで見直しました。反省すべき点からは目をそらさず、注意すべき点に関しては、自覚を持って自制していきました。
私の場合では、病気の発症以前から現在までの非常識な暴食と、
無意識なうちに奥歯を噛み締めていたクセを注意していきました。

そして内面的な部分についても、神経質に考え過ぎたりしないようにしていきました。
また普段から呼吸を深くするように心がけて、以前のような浅い呼吸を改めていきました。

今では、病気を発症する前の自分自身に戻れた毎日があります。
もちろん自覚して、自分の身体を大切にするという意識を育んでいます。

病院での「治らない」という診断のあの言葉。今でも耳に残っています。
でもそれ以上に快生整骨治療院での「治ると考えている」という先生のお言葉を
私は一生忘れることはありません。

これから体調を崩すこともあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎と頭痛、腹痛①

No.36 20代 男性 2010年3月投稿

↓の画像をクリックすると拡大します

私は、2005年に潰瘍性大腸炎を発症しました。
また腹痛、ひどい頭痛にも悩まされ、頭痛の鎮痛剤はかなり多量に服用していました。
大きな病院で、検査と治療を続けていましたが、薬の量が増えるだけで、進展がありませんでした。
その間に漢方薬も試しましたが、うまくいきませんでした。

快生整骨治療院でモニターとして5回ほど身体を診ていただきました。
診察の結果、頭に問題があるとのことで、頭部、肩のマッサージ、鍼で治療をしていただきました。
私の場合ですが、鍼は、痛いとか苦痛はなかったです。

1度目の治療後から変化を体感することができました。
頭痛が治まってきて、それが起きても治まるようになってきました。
腹痛も起こっても治まるようになり5回目が終わるころには腹痛は感じなくなりました。
もちろん潰瘍性大腸炎が完治したわけではありませんが、ひどい頭痛が治まったのは助かりました。
頭痛に対しての鎮痛剤は飲まなく済むようになりました。

また、自分では気がついていない奥歯をギュッと噛み締めるクセが頭痛に関係していたのに気がついたのは発見でした。意識して悪いクセが起きないよう心がけて健康な方向に向かわせようとしています。

快生整骨治療院は、先生の視点が客観的で、自分自身の生き様、考え方を見直すことにもつながりました。
いままで、鍼や整骨などの診断、治療は受けた経験がなかったのですが、まず診てもらって自分自身で体感するしかないと思いました。

これからも治療を続けていきたいと思います。

潰瘍性大腸炎と頭痛、腹痛②はこちらから

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 快生整骨治療院に通い分かった事

No.34 50代 女性 2010年1月投稿

夫がネットで探し、きくからと勧められ、通いはじめて1ヶ月半。
30代後半から20数年、針、整体は5,6カ所。マッサージは数知れず必要として来た私には「 画期的 」でした。
痛みの治療ではないので、今迄は原因、症状、箇所を伝えての事でしたが、今回は何も聞かれず、診察が終わると、
「 尋常でない 」 と。 
それでも自分では少しらくにになったので伝えると
「 まだ普通の人のとても大変な状態 」 との事。
これ程患者の状況を把握できるのか!初めての経験で驚きでした。

回を重ねるごとに 

 1) まだ動く時ではない、大変で体が動かせない時と同じ生活をするように
徐々に
 2) リバウンドしなくなりましたね
    ( 体が楽と感じる日が長く続くようになっていた )
更に
 3) 薄皮がはがれるようによくなっている
 4) まだ問題はあるけれど、旅行はいける状態
 5) 心が癒されて来ていますね・・・と
    (職場の上司が虫酸が走るほどいやで、良い距離感を模索しながらのはずが、少し前から、嫌悪を感じず自然と気遣っている自分を不思議で、自問自答をしているところでした)

* ある日の隣のベットの会話
   先生    「この状態、2週間位続いていますね」
   患者    「そうです」

   先生    「楽になったでしょ」
   患者    「はい、こんなにらくなのは初めてです」

   先生    「胃がいたくないですか」
   患者    「どうして分かるんですか?」

* これまで自分自身、知人の同種の経験を加味しても、最新の機器を必要とせず、これ程迄に状態を把握しての治療を現実に、見た事も聞いた事もなく、東洋医学の真髄なのかもしれませんが、相当の裏打ちがなされてのことと拝察いたします。
  私共と同じ苦しみを持ってこのページを訪れた方の参考に少しでもなればという思いです。


追伸 

  昨年後半から、夫に「字がへたになった。眼鏡が合っていないから、眼科に行って作り直すように」と再三言われていて新聞、週刊誌を裸眼では全然読めなかったのですが、その必要がなくなった事を付け加えます。

  そこに、快生整骨治療院があってくれた事に感謝します。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 うつとの闘い

No.32 20代 女性 2010年1月投稿

こちらの医院と出会ったのは、母がホームページ上で地図を持ってきたことでした。

私は16歳~うつ病と知りながらも、22歳くらいまでそれを放置していました。
自殺未遂をし、洋薬での治療にかかるものの4年で薄皮を剥ぐようにしか良くならず…。
ストレスで胃腸の調子まで悪くし、漢方薬を飲み始めて少し改善されたので東洋医学に期待を持ったところにこのお話が舞い込んできました。

たぶん初診の際は、絶望の底にあったと思います。
頭の中の事柄が整理できないほどだったので、上手くお話もできない状態で、先生も一発ズバリの猫背。
うつ病までは治せないものの、頑張ってみようかなと思える先生との初対面でした。

しかし、一回治療を受けると付き添いの母が驚くほどの背筋。
頭がすっきりして話すこともできるようになっていました。
二度、三度と通ううちに胃腸の状態もよくなり、ひどい時は35~36キロまで落ちた体重が次第に回復しています。
途中から祖母という仲間も増え、楽しく通院しています。
心療内科とも上手く付き合っていけたら、と思っています。
半年休んでいたカウンセリングも今なら受けられそうな気持ちなのです。
このまま薬も減っていけたらいいなぁ…と、期待しています。

少し遠いですが、肩のコリが酷いパートナーにも勧めてみようかと思っています。
一週間でうっすら日の射した我が人生を、これからもよろしくお願いいたします。

番外編~風邪を治す~はこちらから

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 潰瘍性大腸炎による関節痛

No.28 40代 女性 2009年8月投稿

3年前に突如、潰瘍性大腸炎という難治性の病と診断され、
その合併症とされる関節痛に悩まされております。
元々体力もあり動くのが大好きな私でしたので、日ごと募る節々の痛み、
副作用をもたらす投薬には少なからず抵抗がありました。

そんなさなか、かねがね東洋医学への関心もあり、
ネット検索で快生治療院を知りメール相談したところ、
院長先生より「改善の可能性が高いのでぜひモニター通院を…」と
勧めていただき来院することになりました。

まず治らないだろうと諦めかけてた私にとってその言葉は正直半信半疑で、
ハリは痛い、体中ボキボキやられるなど怖い印象もありました。
ところが実際は全然違い、細いハリで痛みはほとんどなく
むしろリラックスします。

先生とスタッフの方々の手厚い治療のおかげで
回を重ねる毎に少しずつですが楽になるのがわかりました。
理屈では理解しがたい摩訶不思議な様々なパワー(?)がここにはあるようです。
私の場合、通院3回目あたりから効果が現れてきました。
痛くて動かせなかった手指がモニター最終日には
嘘のように力いっぱい拳を握ることができ
狐につままれたような驚きと喜びで一杯です!!

私と同じように辛い日々を過ごされてる方も諦めずに
一度先生にご相談してみてはいかがでしょう。

まだまだ痛いところがたくさんありますが
先生、スタッフの皆さん、これからもよろしくお願いします。

貴重なモニター体験の機会をいただきありがとうございました!!

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 サルコイドーシス

No.26 60代 女性 2009年8月投稿

今から3年前の1月、目の難病にかかり札幌の大学病院へ2週間に1回通院が始まりました。

プレドニン(ホルモン剤)を投与されて2年間で10kg太り最後に股関節が痛くなり歩行困難になり苦痛の毎日を送り整形病院にもいっているのですが、痛み止めをくれるだけでこれではだめだと思っている時に快生整骨治療院のモニターとして針治療してみませんかと伝言葉にすぐにのりました。

1回目の治療の時にドキドキしましたが、先生の明るい声で問診をしていただき、
針治療をしていくうちに全身が暖かくなり寝ているだけで痛かったところも痛くないのに気づき、目の治療も終わって帰る時には足の痛みはなく目は明るく見えてとってもうれしくなりました。

現在4回目の治療が終わり、3日間休んで又治療に通いたいと思っています。

先生始めスタッフ一同様も親切にしていただき、本当に有難うございました。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 モニター体験を終えて~橋本病等~

No.21 50代 女性 2008年6月投稿

辛い半年でした。
最初、風邪の症状に似た、くしゃみ、鼻水、喉の痛み、まるで重い花粉症!!
でも季節は12月。そのはずは無いのです。
1ヶ月、2ヶ月と経過しても、症状はひどく成るばかり。
耳鼻科、内科と通っても、くしゃみ、鼻水、喉の痛みは改善されないまま。

検査結果は甲状腺の病気、橋本病と診断されたのです。
それからも病名以外の症状は、一向に治らない辛い日々を送っていました。

ある時、友人が自分にはとても合う鍼の治療で、長く患っている人を診れる先生がいるので、まずモニターとして行く事を勧められたのです。

訪問して、問診と少しの診察で自律神経失調症と診断されました。
とても驚きましたが、体の神経のバランスが崩れているのだと思いました。
鍼は初めてだったので、少し不安だったのですが、全然痛みも無く、安全なものでした。
治る効き目は半信半疑でしたが、日に日に良くなるのが実感できました。

1日目は相変わらず2時間位、激しく、くしゃみ、鼻水、喉のいがゆさ、
でも2日目から今日まで、日曜日を挟んで5日間、くしゃみ、鼻水は出てません。
凄く楽。又、5~6時間熟睡してます。驚きです。

でも、53才の身体、まだまだ不安です。心身とも正常に近づく様、鍼は続けたいです。
院長先生、スタッフの皆様有りがとうございました。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 腱鞘炎・メニエール・リウマチ・シェーグレン・乾癬

No.20 60代 女性 2009年5月投稿

私が快生整骨治療院の上ヶ島先生との出会いは約15年前。治療院近くの白石区内で仕事をしていた時です。
腕に激痛が走り、診断の結果腱鞘炎との事で先生の所に治療をお願いしたのが始まりでした。

その後、体には特に痛みなどなく健康に暮らしていましたが、3年ほど前からメニエール、リウマチ、シェーグレン(口の渇き)、乾癬等様々な病気が私の体を襲い各々の専門病院へ通院し治療に励みましたが、一向に病状が回復しませんでした。

そんな時、以前治療して頂いた上ヶ島先生の事を思い出し、種々な病についてお話をして、是非治療して治して頂きたいとお願いしたのです。治療を進めていくうち、お蔭様で体の各部分の痛みも薄れ、リウマチによる痛みは全く解消しました。更年期障害による症状については、当初は体内が熱く苦しかったものの、今では殆んど感じなくなり、日頃の生活も大変楽になりました。買い物、散歩等の外出に、旅行にと苦にならず楽しい日々を過ごしています。未だ完全に回復はしておりませんが、近い内に元の体になる日を楽しみにしております。

我が家で先生の所で治療の御世話になりましたのは、昨年主人の腰痛、膝の関節治療等は完治。娘も肩こりの痛み解消の為、現在も通院しておりますが以前より相当回復していると喜んでおります。先生は家族で御世話になり本当に有難く、我が家の誰もが認める主治医です。

鍼灸の威力、先生の治療技術に改めて敬意を表すと共に、治療院のスタッフの皆さんの暖かい治療応援により、一段と楽しい生活を取り戻せるのも皆様方のおかげです。

今後も通院いたしますが、先生、スタッフの皆様どうぞ宜しくお願い致します。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 全身のだるさ、生理痛

No.11 30代 女性 2008年11月投稿

昔から胃腸が弱く、側彎のせいか身体も痛くて、常にだるさを感じていました。
病院に行っても大げさだとか、どうにもならないと言われるので今まで我慢をしていましたがここ1年くらい前から急激に体調を崩し、寝ても疲れが取れないので、どうしたものかと思っていた所で快生整骨院さんに出会いました。

初めて行った時に、誰にも理解されなかった私の不調を、先生が理解してくれて本当に嬉しかったです。
しかも以前通っていた整体は、痛すぎていつも泣かされてわりに全然良くならなかったのですが快生整骨院さんでは、私に合った方法で治療をしてくれるし、全然痛くないのです。
あまりに痛くない治療だったので、少し半信半疑でしたが回数を重ねるごとに身体が軽くなり、左骨盤の痛みが消えてしまいました。
本当にびっくりでした!

先日は、生理痛の治療をしてもらいましたが、お腹の重さがすっと取れてかなり楽になりました。

今までずっと痛かったものが、急にどこかに飛んでいったようで、とても不思議な感じですね。

もうずっと治らないと思っていたので、だんだん身体の調子が良くなって行くのが
とても嬉しいです。本当にありがとうございます!!

そして、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 体のだるさ

No.10 40代 女性 2008年11月投稿

私は、数多くの体の不調をこちらの快生整骨治療院で治していただきました。
症状の事を少し、説明したいと思います。

体がだるい、喉に異物感、喉の腫れ、食べてもスムーズに胃の方に落ちない、目薬をしても夜はドライアイで瞼が動かない、目がかすんで運転出来ない。

まだまだあって書ききれないですが、先生の治療により改善してます.。

私は、内科、耳鼻科、眼科、心療内科とそれぞれ通い、それぞれの症状にあった薬を飲んでいました。

あるとき、耳鼻科の先生にシェーグレン症候群ではないかといわれ、大学病院で検査をしたら、幸い?1つの項目だけ○がつかず、膠原病とは診断されませんでしたが、初期症状の疑いで、定期的に通うことになりました。

年齢的にも更年期だしなぁ~みんなダルいのかな(+_+)と、日々諦めつつも指の力はなくなってくるし、目薬してるのに目が痛い!ごはんも食べたくない!

最終的にはやっぱり、こちらの先生の所に来てしまいました。

先生はどこが、どうなのか、すぐに調べてくれて、私は軽く説明しただけだったのに、ずいぶん前から体がだるかったねとか、先生の方から色々言ってくるわけです。(治療にきたらこれか!と納得します)

そして、次々と悪い所をさがしてくれました。

先日は喉の調子が悪くて、ずっと首を絞めつけられているような感じがあったのですが、鍼の治療をしているときから、なんとなく、唾液が出てきてる?みたいな。

帰るときは、首の苦しさも治っていましたので、とても不思議でした。

病院に行ったとき「唾液がでなくて辛いです」と言ったら、携帯の水あるけど出すかい?と病院でいわれました。
え!?って感じです。今度言われたら、(ー_ー)!!上ヶ島先生連れてくるよ!って感じです。

目のかすみもなくなり、腕のだるさも良くなり、指の力も復活し、洗濯ハサミも開けます。
先生、ありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

心も、体も疲れている方がいましたら、
いくつもの、病院に通院するよりも、まず快生整骨治療院で診てもらうと良いと思います。

先生も、スタッフの方もとてもあたたかムードです。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 出産後の体力の低下

No.9 40代 女性 2008年11月投稿

私は、出産後にとても体力が落ちていて、育児も困難な状態でした。
それは、妊娠中の長い入院生活と、お腹の張りを抑える点滴の影響で、
筋力が極端に落ちてしまい、靴を履こうにも足に力が入らず、履けないし
地下鉄の階段も、手で足を持ち上げて上ったりで
退院した途端に出来ない事が、たくさんありました。

さらに、保育器から出た2000グラムほどの我が子も抱かせてもらったものの、
重たくて自分でベットに戻せませんでした。

この状態では、今よりも、赤ちゃんが、退院してきたら、どうしたらいいかと、
だんだん焦り始めてたときに快生整骨治療院の事を思い出しました。

膝の痛みや、腰痛もかなりあったので、まずは、マッサージに行こう!と思ったのです。

ところが、先生は、痛みだけではなく、私が言葉で表せない体の不調をズバリ見抜いてくれました。
痛いところ、辛い場所をピッタリ当てますし、バッチリと治るんです。
私も鍼治療は、このとき初めてしていただいたので
効果の凄さに、ビックリしました。

帰るときは、あれ?確かここいたかったはず、とか、重たい足が上がる!?
次々にどうして?!って感じなんです。

何よりも私は、赤ちゃんを抱っこ出来る腕や、育児が出来る体力を、☆早急☆に
作ってくれた事にとてもとても感謝しています。
ありがとうございました。

体力って、日々体を鍛えたり、食事によって作られるものだと思いますが
数回の治療で筋力や、体力って回復出来るんですね。
鍼ってすごいですね!
先生の腕ですね!

先生は「これが仕事だから」と、当たり前のように言いますが、その控え目さが、
まさに、本物の腕のある名医の貫録のように感じます。
本当におすすめの治療院です。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 乾癬

No.8 40代 旦那さんの症状について 2008年11月投稿

私の主人はこちらの上ヶ島先生に乾癬という皮膚病を治していただきました。

発症からを少し説明しますが、去年の春頃からです。
最初は体の背中、足のすね辺りにブツブツとできものができていて、少し増えたときに、主人は肥満なので、内臓が悪いんじゃないかと思い、私は早く病院に行きなさい!くらい言いました。が、病院が嫌いで、薬が嫌いなので行きませんでした。

夏は子供と海に入れるくらいよかったのですが、冬が近づき寒くなってきて、乾癬も増えてたとき、熱が出たので内科にいったのですが、こちらの先生に背中を見せたとき、「これ、乾癬だね」と言われたんです.。しかも一生付き合っていく病気ともいわれ、びっくりしたので、すぐ皮膚科に行ってもらうと皮膚科でも、「ああ、乾癬ですね~ストレスや遺伝性のものだから気長に治療してください」とさらりとしていたそうです。薬はステロイドとかゆみ止めとビタミン剤です。

病院の先生は見慣れているかも知れませんが、私にとっては「乾癬」いう、漢字自体なんだろうって怖い感じでした。
うちは子供も小さいので、うつらないのかとか、ステロイドの薬を塗ったらパパに近寄らないでねとか、神経ピリピリでした。
ネットで調べると乾癬について前向きな考えはなく、今の医療ではどうする事も出来ない病気でした。ガッカリでした。

おまけに、ステロイドの塗り薬を塗って良くなったかというと、なぜだかどんどん増えていったんです。
強い薬だから良くなると思ったのに、最初はチョンチョンと選んでつけてたんですが、そのうち乾癬がつながっていき、大きく1つになったり、皮膚の正常な部分が見る見るうちになくなっていく感じでした。皮膚の固い部分はひどくなるらしく、ひじなんかは、薬を塗った後サランラップを巻くといいと病院で言われたそうですが巻いても悪化してました。足は化膿してどんどん広がるし、一度できると治らないので結局は増えるだけです。

一粒一粒がとても深くてボコっとしてて、なんだか聞いていると気持ち悪いですね。この辺にしておきますが、布団にも皮膚がたくさん落ちるし、子供も一緒にお風呂に入れず、まずは病院を変えたんですが、薬は特に変わらず、ステロイドを塗り続けてました。

この乾癬というものは、日光に当てる事がいいみたいなので、冬場は特に酷くなるらしく、主人は最終的には頭から足の指先まで全部でてました。なぜここに来るまで上ヶ島先生の事を思い出さなかったのか!この間自分は先生の所に何回か来ていたのに、病院の先生の「治らない病気」・・の言葉がなにもかも忘れて帰ってしまった原因です・・。

結局主人の親が、先生に相談してくれ、治療になりました。その結末は!


今までの苦しさはなんだったんだろう・・・!!!です


上ヶ島先生の事はつい、神の上先生と言い間違えるくらい神様に近いと思ってますから!治してくれると思ってはいましたが、確か1ヵ月たたないうちだと思いますが、グチグチがなくなり、なんとなくボコッとした2.3ミリしてた皮膚が薄くなってきました。結構なスピードで治っていたので、ステロイドもまあいいか、とついぬり忘れたりで、あんなに神経ピリピリしていたのに、急に適当になってしまうほどです。

主人は上ヶ島先生の事を、口には出しませんが信頼しているので、核酸というのも必ず飲んでました。ありえないことです!普段私が薬とか体にいいものとかすすめると嫌がるのに先生は何に関しても凄いです。一番傷のようになっていた、くるぶし辺りなのですが、その治り方も不思議で血が出ていたものがダンダン乾いていき、いつのまにか火傷のあとのように黒くツルっとなったかとおもえば、ドンドン皮膚が新しく変わったのか、普通の色の皮膚に戻りました。

乾癬の深さがないおなか側の上半身はすぐになくなり、背中も気がつくと治っていました。鍼の治療をしていただいてから、出ていた乾癬が治ることと、新しい乾癬が出なくなったことと二つの事が同時に起こったので、春先に通ったような気がするのですが、夏には跡しかなかったので、子供と海水浴も行くことができました。想像もつかない早さです。

どんな病気でもそうですが、なってみないとわからない辛さで今回乾癬の辛さを知り、でも治してもらえる事も出来たので、本当のところ上ヶ島先生が有名になると遠くに行っても困るし、混んで出来なくなるのも嫌なので、書き込みたくない所ですが、自分だけいい思いしてるのも駄目だし、こんな治療法もあると全国のみなさんにも、お伝えたいとおもい、書きました。

是非ぜひ、乾癬そのほか、病院で治らないと苦しんでいる方がいましたら、こちらの先生に相談して下さい。
先生は、どんな病気を治しても、たいがいのものは治るからと。全然大変そうにしなくて、自分が病気だった事さえ忘れさせてくれるとても優しい先生です。

あまりにも優しいオーラなのでとても失礼なのですが、最初はいつか何か宗教にでも勧められるかとかまえていましたが、もう、5年はお世話になってますが、そんなことはまるでなしです!これは余計な話でした。

スタッフの方も、マッサージが上手で先生のオーラを受け継いでいるようで、とても優しく接してくれます。

今の主人は間隔をおいて先生にみていただいています。上ヶ島先生がいる限り、もう何の心配もいりません。ありがとうございました。これからもよろしくお願いたします。

乾癬の方、信じられないかと思うでしょうが、是非先生の所に行ってみてください。

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 全身の痛み

No.6 20代 女性 2008年11月投稿

快生整骨院をみつけたのは、電話帳からでした。これは運命でしたね!
実はあまり期待していなかったんです!
とりあえず体が辛すぎるからどこでもいいからどうしてもいきたいと。家から近いし、とりあえずいってみるわとこんなかんじでした。あやしかったらやめればいいんだしと思っていて。
しかし!!!自分の想像とはま逆で!!!!
先生すごすぎ!!!最高スギ☆☆感激してしまいました!!


私は交通事故にあい、胸部骨折、難聴耳鳴りになりました。
骨折はよくなったのですが、けがをかばったりしていたせいか体がおかしい。痛い、だるすぎる、重い。。。
鍼にはかよってはいたんですが、なんとなくいいかなくらいでこれは!という効果はわからなくて。
頭もすっきりしなくて息もしずらいし、意味もなく心が落ち着かない。睡眠もとれず。

こんな状態で、すがるようにひとまずどこでもいいからいってみようとこの治療院に来たのですが。
なんだこれはとびっくりでした!期待以上の効果!
不思議なことをしてる先生。びしびし症状を言い当てる先生!この先生は、なにものだとおもいました^^ww
なんでわかるの?!とおもいました!!超能力みたい☆
何年もすっきりしなかった頭が、あの一瞬で超すっきり!!
マッサージもものすごくきもちいいし!
鍼がすごいきいてるとおもいました!


帰って即効お母さんに感動をつたえまくって!友達にもメールでここいいよとつたえ!おとうさんとおねーちゃんにもすすめて!!本当にすごすぎるからいってほしい!
信頼できる先生にはじめてあいました!本当に感動です!!
ほかのスタッフさん、女の若いスタッフさんもすごく優しくて♪
雰囲気もすごく落ちつけて好きです♪
皆やさしいオーラなんです。
こんな人たちの中で働けたらっておもってしまいましたもの☆
思いやりのあるあたたかい治療院ですね。本当に最高です。
体の悩みで苦しんでる人をつれていきたいとおもいました!
ありがとうございます。出会えたことに本当に感謝です!!

▲ ページトップへ

前のページに戻る

 リウマチ

No.3 66歳 女性 2008年9月投稿

私が快生整骨治療院にかかったのはリウマチに苦しんでいた15年位前からです。

少しは楽しみも欲しいと思いコーラスのサークルに入ったのはいいのですが、発表会本番では30分立っていなければならず、当時の私は10分位立っているのがやっとだったので「何とか30分立っていられるようにして下さい」とお願いしたのが最初でした。

治療しだすと見る見るうちに痛みが少なくなっていき、日常生活で出来なかったことがドンドンできるようになっていきます。

痛みが随分無くなったのでステロイド剤を止めたいと言うと「長いこと飲んでいたのだから、急に止めるのは危ないので、お医者さんに痛みがあまり無くなったことを話して、だんだんと減らしてもらいなさい」と言われました。

でも、お医者さんにいくら説明しても減らしてくれないので、思い切って止めてしまいました。

快生の先生からは「大胆だね」といわれましたが、それでも何も問題なく、やめられました。

手足の指の関節は変形してしまっていましたので、痛くはないですが、変形は今でもそのままです。

当初肘の関節は触られただけでも「グジュッ」という感じでずれていたのですが、今では全然大丈夫です。

最初は症状はどんどん良くなっているのにリウマチの数値は変わらなかったので、「やっぱりリウマチは治っていないのかな」と思っていたのですが、しばらくしてから数値が急に下がりだし、治ってきたことを確信しました。

今では毎年海外旅行も行ける様になり、ペルーの天空都市マチュピチュ遺跡にも行くことができました。
 ペルーの天空と市 マチュピチュ遺跡
健康な人でも登るのが大変といわれています。

大変な山道を登りつめると、そこに広がる神秘的なインカの遺跡。まさに絶景です。

こんな大変な旅行をしていても「何かあっても、快生整骨治療院にかかれば大丈夫」と思うと安心して行って来れました。

いつまで旅行できるか分かりませんが、できるだけ長く行ける様にと願っています。

これからもよろしくお願いします。



▲ ページトップへ

前のページに戻る

オンライン予約

体験談募集のお知らせ

当サイトの「患者様の声」にあなたの体験談をご紹介させてください。
詳しい内容はこちらから